旭日旗をめぐる、韓国の「戦犯旗」問題 〜 でも外国人から見ると、こう見えている

あなたは、どう思われますか?

韓国が旭日旗を「戦犯旗」だと主張しています。彼らは日本に対する批判を止めません。これは、韓国が悪いと思いますか?日本が悪いですか?

これまでの経緯をざっと述べてみますので、この問題の本質について、少し考えてみましょう。

〈日本人の視点〉
日本に住むAさん。韓国が旭日旗に言いがかりを付けてきたのは知っている。韓国は「戦犯旗」だと主張し、世界に宣伝している。先日、日本政府はやっと腰を上げ、外務省、防衛相が「旭日旗と日本文化」と題する説明文をHPに掲載したのを知る。

HPを見ると、旭日旗には古くから日本で使用されてきた歴史と文化があり、戦後に法律によって自衛隊の旗として採用された経緯が日本語と英語で説明されている。これで日本も反論の態勢が整ったと、Aさんは一安心する。

しかし、それからというもの、韓国は旭日旗批判を止めるどころか、益々ボリュームを上げてきている。現在の韓国の主張は、「日本のHPは、旭日旗軍国主義の象徴として使用した歴史を隠蔽している」というものだ。でも、ちゃんとHPに説明があるではないか。Aさんは韓国に憤慨する。

もう一つ、別の人の視点から、この同じ問題を見てみます。

〈外国人の視点〉
ヨーロッパの某国に住むBさん。ツイッターをしていたら、日本の戦犯旗を批判している韓国人のツイートが目に入り、興味を持つ。ツイートによると日本がサッカーの試合にまで戦犯旗を持ち込んだ写真がある。日本人による返信が付いており、日本の外務省のHPへのリンクがあったのでクリックした。しかしそこには「日本文化における旭日旗」と題した文化的、歴史的な記述があるだけで、現在ツイートされているような戦犯旗に関する情報はなく、もちろん、戦犯旗を否定する説明も一切なかった。さきの韓国人のツイートを否定する情報はどこにもない。あるのは、のどかに日本文化を説明しているホームページだけだ。日本文化のことは、正直、どうでもよかった。Bさんは、今日はひとつ、日本には戦犯旗があるという知識を得ることとなった。日本と言えば、近々オリンピックがあるのではなどと、うっすら思った。

さて、AさんもBさんも、「戦犯旗」の問題に関心を持っていて、二人とも外務省のHPを見ています。でもAさんは今でも、この問題は韓国人が悪いと思っていますし、外国人のBさんは、「旗の問題は、日本が悪いだろう」くらいに思っています。

この問題の本質は何でしょうか?

私が思うのは、外務省と防衛相のHPで、「旭日旗は戦犯旗ではありません」と、韓国の主張を否定する文言が、一切ないことが、問題なのです。

韓国の主張を否定した文言があれば、Aさんに取っての現実は、いまと少し変わったものになります。というのも、韓国は相変わらず批判を続けているでしょうが、少なくとも、「旭日旗が戦犯旗ではないという日本の主張は嘘だ」という苦しいところに、韓国は引き下ろされているはずです。日本が否定しないから、いくらでも強気に日本を押せるのが、現在の状況なのです。

また、外務省が「戦犯旗」を否定する文言をHPに乗せていれば、先程の外国人のBさんの考えも、だいぶ違うものになったはずです。なぜなら、日本の外務省の言葉をたとえ信じられなかったとしても、かといって韓国人を信じるとは必ずしもならず、つまりは「どちらかが嘘を付いているのだろう」というところに落ち着いたはずです。ところが、現状ではHPが韓国の主張を否定しないので、Bさんは疑いもなく韓国人を信じてしまったというのが、先の私のシミュレーションです。シュミレーションですが、大いに可能性があります。

日本政府が「戦犯旗」を否定しない限り、韓国が有利な状態が続きます。私は、旭日旗に関しても、問題が慰安婦問題と同じ道を歩んでいると思うのです。そして、私としては、先にシュミレーションに登場してくれたAさんに、ひとこと言いたい。

「韓国人が嘘つきで悪いのは当然なのだが、日本にも問題がありますよ」

相手の主張が嘘だと思うなら、それを否定しないと、第三者から見て、こちらが反論したことにはならないからです。


※なお、HPに「戦犯旗」を否定する文言を入れる案を、私は主張していますが、もちろん、「戦犯旗」という言葉を日本政府が使うのは問題があるので、そこは表現を変える必要があるでしょう。要は「旭日旗軍国主義帝国主義と一切関係がない」との旨を、政府が明言すればよいだけです。

f:id:tanizakitw:20190528230957p:plain

tanizaki.hatenablog.com