憲法9条 なぜ、どのように改正するのか?

憲法9条はなぜ改正が必要なのか、また、どのように改正するのか、考えを記した。<日本国憲法第9条>日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては…

GHQ「押し付け憲法論」をめぐる論争と、憲法9条の問題点

憲法改正論議で「押し付け憲法論」をめぐる議論を見かけることがある。これは、日本国憲法はGHQによる押し付けだったので改憲をしようという一派と、GHQによる押し付けはなかったとして改憲に反対する一派の論争である。私は、改憲に賛成している立場である…

9条護憲を構成する二派が、どちらも矛盾に陥っている理由

護憲派には二派があるものの、どちらも矛盾を抱えていることには変わりはなく、両者の共通点を纏めるなら、自衛隊の現実と9条との矛盾を事実上認めず、自衛隊の違憲性を放置しているところにある。したがって、現実と9条との矛盾を認め、自衛隊を違憲とし…

マッカーサーノートの憲法9条 原文と日本国憲法9条を比較する

1946年2月3日、マッカーサーはGHQ民政局に「マッカーサーノート」を示した。GHQの草案作成時に必須の三原則を示したものである。憲法9条の元となったマッカーサー第二原則について詳しく解説したい。(日本語訳)「国の主権的権利としての戦争は、廃…

蓮舫氏の二重国籍問題、民進党による9条護憲の隠れた真意と国家の軽視

蓮舫氏の二重国籍問題を受け、岡田氏も蓮舫氏もこの問題を軽視した発言を繰り返しているが、今回の国籍問題は彼らの国家観が抱えている問題が表出したものであり、憲法論議に於いても「9条は守る」と発言してきた両氏は国家の軽視と国家解体の野心を培って…

自衛隊を認める民進党前原氏の9条加憲案と、これに対するメディアの批判

民進党の前原元外務大臣は、憲法9条に第三項を加えて自衛隊の存在を明記することを柱とした加憲案を表明している。これに対して、護憲派メディアが新聞社説などを通じて批判を展開しており、自衛隊の存在を憲法で認めてはいけないと主張している。

9条改正を主張するのは「タカ派」なのか?

9条改正の論点は、どちらが平和主義者なのかではなく、現実に則した法整備の一環として、憲法9条をどうするのかというのが論点であるはずである。 護憲派も改憲派も、平和を希求する点では、どちらも同じくするのであるから、メディアによるこれらの誘導は…

憲法97条の削除とメディアの嘘、自民党憲法改正草案

憲法第97条は、国民の基本的人権を規定したものであるが、自民党の日本国憲法改正草案ではこの条項は削除されている。11条と97条の両方で基本的人権条項があり、自民案はこの重複を解消し第11条の条項に統一、また基本的人権を憲法前文に追加すると…

日本の無条件降伏と、バイデン発言に対する岡田代表の反発が示すもの

2016年8月15日、アメリカのバイデン副大統領が「我々が日本の憲法を書いた」とする発言をしたが、民進党の岡田代表はこのバイデン発言に反発し、発言を「不適切」などと指摘した。日本国憲法がGHQによる押し付けだったという事実に反発するものだった。

憲法9条には、なぜ欠陥があるのか? 9条制定の経緯にみる自衛権の諸問題

憲法9条は大きな欠陥を抱えており、早急に改正が必要というのはこれまで述べてきたとおりである。まず、9条第一項での戦争放棄条項については、これは国家の自衛権までをも放棄していると取られかねない欠陥である。9条第二項では戦力の不保持と交戦権の…

憲法改正は「9条ばかり」なのか? 「共謀罪」の印象操作と憲法改正論議

憲法改正が現実味を帯びてくるにつれ、改正をめぐる論議が紙面を賑わしているが、なかでも最近気になるのが、「憲法改正というと9条ばかりに注目する人が居る」などとして、批判めいたことを言って得意になっている人達が居ることだ。

国防のための軍創設と、あまりにも空想的な憲法9条の平和主義

憲法9条は、平和を維持する手段として、あまりにも空想的である。これを論じるのに、中国や北朝鮮といった現在の脅威ばかりが例になるわけではない。 大東亜戦争を経験した人達の多くが「戦争はいけない」とか「平和は尊い」というメッセージを発している。

〈後編〉バイデン副大統領の発言と、「押し付け憲法論」をめぐる論議

バイデン副大統領が「我々が日本の憲法を書いた」と明言したことが波紋を広げている。この後編では「押し付け憲法論」をめぐる論議について、護憲派の掲げる「幣原発案説」を交え、さらに詳しく掘り下げよう。

「憲法9条は幣原首相の発案」とする説に3つの重大な欠陥、「押し付け憲法論」を証明する結果に

そもそも、狙いはこの「幣原発案説」を持ち上げて、「押し付け憲法論」を無効にするというものであろう。しかし、仮に、幣原がマッカーサーに9条を発案したのが事実だとしても、「押し付け憲法論」は無効になるどころか、逆に証明される結果となる。その理…

バイデン副大統領の発言と、「押し付け憲法論」をめぐる論議

2016年8月15日、アメリカのバイデン副大統領は、ペンシルベニア州での演説で、「我々が日本の憲法を書いた」と明言した。この発言をめぐり護憲派は反発しており、自民党などは「押し付け憲法論」を論じてきたいきさつがある。そもそも「押し付け憲法…

日本国憲法は日本が自主的に制定した?〜『GHQ押し付け憲法論は嘘』の誤り

幣原内閣が1946年2月8日に提出し、GHQに受け取りを全面拒否された憲法改正要綱、これの代わりにGHQが日本に突きつけたGHQ草案、そして完成した日本国憲法の三者を比べれば、日本の提案した憲法改正要綱など完全に無視され、最終的に、日本政府がGHQ案に極め…

憲法改正と日本の一国平和主義 〜 日米同盟の未来

一国平和主義とは何か。集団的自衛権の行使で「米国の戦争に巻き込まれる」というのは一国平和主義による喧伝なのか。日本の一国平和主義との関係をふまえ、日米同盟の未来と日本の執るべき舵取りとは?

日本国憲法はGHQの押し付けか?

日本国憲法の制定当時、日本とGHQの地位的関係はどのようなものだったのか?日本が調印した降伏文書の最後を結んだ条項とは?マッカーサーが主導した日本国憲法制定の最大の目的とは?

蓮舫氏「9条は絶対に守る」発言の根底にあるもの

民進党代表選に立候補した民進党の蓮舫代表代行は5日の記者会見で「9条は絶対に守る」と表明した。 だが、3日には北朝鮮のノドンミサイルが秋田沖の経済的排他水域に着弾。6日には尖閣諸島の接続水域に中国海警局の艦船7隻と中国漁船230隻が侵入して…

日本国憲法の策定目的は平和主義にあらず~日本の軍事的解体とマッカーサー・ノート

日本国憲法は「平和憲法」とも呼ばれている。戦争を放棄して平和主義に着目した憲法ということだ。 この「平和憲法」という呼び方は、日本以外にも多くの国が憲法で平和主義を掲げているにも関わらず、あたかも日本だけが独自に平和主義を掲げているかのよう…