9条護憲を構成する二派が、どちらも矛盾に陥っている理由

憲法9条の改正に反対する9条護憲派は、同じ9条護憲でも、自衛隊違憲とするか合憲とするかで、概して二派に別れている。また、9条改正に反対はしているものの、改憲については微妙に温度差もある。
まず、自衛隊違憲として「9条を守れ」と主張している一派がある。これは主に、9条を原理主義的に信奉している人達である。日本が9条を守っていさえすれば戦争は起きず、9条を改正したら日本は戦争を始めると彼らは主張する。護憲派改憲派を問わず憲法改正論議で最も非現実的な発言を繰り返している人達であり、最も矛盾に満ちている。なぜなら、彼らは自衛隊違憲だとしているのであり、ならば自衛隊違憲として解体するか、あるいは憲法を改正して自衛隊を合憲とするかの、いずれかを主張するしか選択肢はないのにも関わらず、このどちらも行わないからである。もちろん、彼らは9条を守るというのが信条であるから、後者の憲法改正は選択できないのであるが、自衛隊違憲と主張しながら、自衛隊廃止法などを訴えることもないのである。彼らは自衛隊違憲と主張しつつ何もせず、それでいて自衛隊の現実と矛盾している憲法9条を変えないと言っているわけだから、あらゆる改憲論議の中で最も矛盾した立場にある。。多くの場合、彼らは9条護憲というより、9条を信仰しているというのが実態である。9条改憲ついては概ね議論する気はなく、9条を守ることを信念と位置づけている。
これに対して、同じ9条護憲派でも自衛隊解釈改憲の上で合憲とする一派がある。政党では公明党が最も分かりやすい例である。この一派は、先に述べた原理主義的な9条護憲派よりは現実的な路線であるが、しかし、解釈改憲を重ねて自衛隊を合憲とした上で、「9条にはもはや何も問題はなく、改正は必要ない」と言っているのであるから、現実と9条との矛盾に目をつむっていることに変わりはない。しかしながら、公明党のように9条に多少の「加憲」をして自衛隊の存在を認める規定を追加するなどの改憲案は持ち合わせている場合もある。だがこれも、現行の9条は戦力の不保持を規定しているのだから、この9条をそのままに、軍隊である自衛隊を同じ憲法で認めるのは、大きな矛盾である。
このように、護憲派には二派があるものの、どちらも矛盾を抱えていることには変わりはなく、両者の共通点を纏めるなら、自衛隊の現実と9条との矛盾を事実上認めず、自衛隊違憲性を放置しているところにある。したがって、現実と9条との矛盾を認め、自衛隊違憲とし、9条を現実に合わせるべく改正するのが、最も現実的かつ正攻法なのである。

f:id:tanizakitw:20160902091428j:plain