憲法9条 なぜ、どのように改正するのか?

憲法9条はなぜ改正が必要なのか、また、どのように改正するのか、考えを記した。

日本国憲法第9条>
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

上記、日本国憲法第9条の要点を5つの項目に分けて、それぞれの問題点と改正案を記す。

1.平和主義
憲法第9条は第一項で平和主義を謳っている。しかし続く条文はこれの実現のために武力行使を放棄したり、戦力や交戦権を否認するとした消去法的なものである。自衛戦力までをも放棄すれば平和になるという誤解が広く蔓延した原因でもある。平和主義自体は削除の必要はないが、消去法的な姿勢は改める必要があり、国の独立や安全を守り、また国際貢献に寄与するといった積極性のある目的を明文化するべきである。

2.戦争の放棄
国際紛争を解決する手段として、戦争を放棄している。これは侵略戦争のみを放棄しているとも解釈できるが、自衛戦争までをも放棄しているとも解釈できる。侵略戦争自衛戦争の境界は定義がなく、侵略戦争だけを放棄すると明記したとしても、自衛戦争が認められないケースも出てくる。いずれにせよ、この規定は自衛権を放棄した憲法規定と解釈できるので、現在、自衛権の保有及び行使は違憲である。しかし、国家が国防を放棄して自衛権を放棄することは出来ないのであり、また、自衛権を放棄するのは現在の自衛隊の存在と矛盾する。したがって、この規定は改正時に削除するべきである。

3.武力行使の放棄
武力行使を放棄している。これは侵略戦争としての武力行使のみを放棄しているとも解釈できるが、自衛のための武力行使も放棄していると解釈可能である。自衛隊は軍隊なのだから、武力行使を放棄するのはそもそもが矛盾である。したがって、この規定は改正時に削除するべきである。

4.戦力の不保持
自衛隊は戦力であり、軍隊である。したがって、現憲法では、自衛隊違憲である。この規定は自衛隊の現実と矛盾しているのであり、削除するべきである。

5.交戦権の否認
憲法制定当時の、GHQに隷属していた頃の状況とは異なり、日本は主権国家であり、交戦権は認める必要がある。また、現状に於いて、日米安保条約のもとで自衛隊が米軍と行動を共にする際、自衛隊に交戦権がないのでは日米安保条約違憲である。あるいは、条約に従って戦闘を実施した場合には自衛隊違憲となる。日米安保条約の現実と矛盾するものであるから、この規定は削除するべきである。

(上記以外の、現9条に無い項目で、改正時に追加する項目)

6.「軍」の保持
自衛隊を「軍」に位置付けることで、いままで自衛隊ポジティブリストに縛られていたものを、通常の軍隊と同等にネガティブリストで行動できるようにする。

7.最高指揮官を規定する
軍の最高指揮権は内閣総理大臣にあることを明記する。これにより、同時にシビリアンコントロールを規定する。

なお、逐条的に、実際の憲法改正草案を作成するのは、憲法の専門家でない者が行っても意味がないと思い、9条の問題点と改正箇所を記すにとどめた。

f:id:tanizakitw:20160907083421p:plain