読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蓮舫氏の憲法9条護憲、言葉通りに受け止めてはならない

護憲派には、自衛隊違憲だから、憲法9条に合わせて自衛隊をなくそうと主張する人達がいる。それではいったい国防をどうするのかと思うが、9条では戦力の不保持を規定しているのであるから、9条と自衛隊に矛盾があるのは確かなので、それはそれでひとつの意見ではある。だが、こうした人達の考えを注意深く追ってみると、この「自衛隊違憲だから」という部分が、どうも、方便ではないかと思われるのである。つまり、彼らのホンネは、「憲法9条を守るために、自衛隊をなくそう」というもので、9条護憲を目的に国防を放棄しているのではないか。さらに、この延長で、実のところ国防を放棄したいがために、9条護憲を利用しているとも思われる。「国防放棄のために、憲法9条を守ろう」というわけだ。これは、何がなんでも、無条件に、9条を守ると言っている人達に顕著である。民進党代表の蓮舫氏はその一人だ。
蓮舫氏は、代表就任前より、かねてから「9条は絶対に守る」と発言してきたが、自衛隊違憲か合憲かという問題を置き去りにして、日本の国防を放棄するのが目的でこのような発言を繰り返しているとも思われるのである。というのも、蓮舫氏は、なぜ9条を守るのかという点が実に曖昧だ。自衛隊違憲性にしても、9条を守るというなら自衛隊違憲であると主張するはずであろうに、それはしない。つまり、9条と自衛隊の矛盾には触れず、「自衛隊違憲だから」という前提が不在なまま、ひたすら「9条は絶対に守る」と言っているのである。それならば、単に日本の国防を放棄あるいは弱体化させるがために、「9条は守る」などと発言しているとも受け止められるのである。
実際、蓮舫氏は、政権与党時代の「事業仕分け」で日本の産業を弱体化させ、中国が領有権を主張している尖閣諸島に領土問題があると発言したのであるから、現在は日本を更に弱体化させるために国防放棄に向けた9条護憲を唱えているとしても不思議ではない。少なくとも、日本の国防をこれ以上強化させないように9条護憲を唱えている疑いがある。
日本弱体化の実績や中国を利する発言をした外国籍を有する人物が野党第一党の党首として9条護憲を主張している。その真意と目的を冷静に吟味する必要がある。

f:id:tanizakitw:20160907083806j:plain

広告を非表示にする