読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

民進党、共産党の憲法9条護憲、「憲法を守れ」という主張の嘘

自衛隊は、憲法学者の多くがこれを違憲だとしている。9条2項で規定されている「戦力の不保持」に反するからである。一方で、政府解釈は自衛隊を戦力に満たない「必要最小限度の実力」とみなし、よってこれを合憲としている。

これに対して野党はどう言っているのか。民進党は集団的自衛権のみを違憲とし、個別的自衛権を合憲としているが、9条2項の規定に従えば、個別的自衛権のみが「戦力」に当たらないとするのは詭弁である。共産党自衛隊違憲であり将来的にはこれを解消するが、現在は災害出動などで活用するという支離滅裂な見解を述べている。野党はこのような見解を示しながら、「憲法を守れ」と与党に要求している。

だが、「憲法を守れ」と言うのであれば、まずは9条2項を尊重して、自衛隊廃止法案を国会に提出すべきである。冒頭で述べたように、学者の大多数は自衛隊違憲とみなしており、また、自衛隊を「戦力でない」とする政府解釈は、軍隊を軍隊でないと妄語しているに等しい。「憲法を守れ」と言うのであれば、彼らは自衛隊違憲性を指摘し、自衛隊を廃止するべきなのである。

しかし、自衛隊廃止論を唱えていては、国民の支持が得られないから、自衛隊廃止法案は出せない。それが出来ないから「自衛隊違憲だが、今は活用する」などと言うのである。

憲法を守れ」と主張するならば、選択肢は、自衛隊廃止法案の提出か、現憲法と現実との矛盾を受け入れて9条を改正するかの二つに一つであるが、彼らはどちらも選ばずに、どちらにもつかない無責任な立ち位置に甘んじて「憲法を守れ」という主張だけは怠らない。

彼らの言葉は大嘘なのである。

f:id:tanizakitw:20160901063735j:plain

広告を非表示にする