読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

憲法審査会に臨む民共、憲法改正でも共闘路線

NHK日曜討論」に自民、民進など各党の幹事長が出演し、憲法改正について討論した。
民進党の野田幹事長は自民党憲法改正草案を批判し、自民党・二階幹事長に草案の白紙撤回を求めた。その理由は、自民党憲法草案があると、静かに粛々と議論を進めることが出来ないというものだった。二階氏は白紙撤回を拒否したが、野田幹事長はその後も執拗に、自民案の撤回を再度求めた。
つまり野田幹事長によると、憲法審査会に自民案が存在すると議論が出来ないというわけだが、憲法審査会とはそもそも、「憲法改正原案、日本国憲法に係る改正の発議又は国民投票に関する法律案等の審査」を行う機関である。憲法改正の原案なしに、一体どうやって憲法改正案の審査を行うというのか。また、憲法審査会で議論をするにしても、ただ漠然と憲法について観念論を議論したところで時間の無駄である。各党が改正案を持ち寄って、これを議論するのでなければならない。民進党は、その憲法改正草案も提出できないでいるというのに、自民党に改正案を撤回せよなどと要求するのは、今後の審議のあり方を無視した無責任な発言である。
共産党の小池書記局長に至っては、自民党案を、国防軍の創設など具体的な例を挙げて批判し、二階氏の自民案撤回拒否を指して「重大な発言だ」などとして非難した。しかし、共産党は党の綱領で自衛隊の解消と日米安保条約の廃棄を明記しており、共産党としては自民案の批判しか出来ないのは当然といえよう。共産党は「日本人民共和国憲法」という、かねてからの憲法改正草案があるにも関わらず、それは隠したまま、今回の憲法審査会に臨む。自らの憲法改正に関する政策は、世論の反発を恐れて隠蔽しているのであるから、彼らは自民党を批判できる立場にはない。
日本維新の会の馬場幹事長は、各党が憲法草案を提出して、それをベースに議論をすることを提案していたが、憲法審査会の意義を考えれば全くそのとおりであり、民進党共産党は、そもそも他党の草案を批判する資格など無いのである。
今国会から開始が予定されている憲法審査会の議論でも、民進党共産党は、自民党の改正草案に対する批判に終始するとみられる。今月、代表に選出された民進党蓮舫代表は、今後の民進党の方針を「批判ではなく、提案型」などと表明していたが、そのような言葉を真に受けることは難しい。今回の討論で野田幹事長が自民党の批判に終始したように、憲法審査会での民進党憲法改正論議も自民案への批判に集中するだろう。「提案型」と言いながら憲法草案も提出できず自民批判に終始する民進党は、今後ますます、共産党と命運を共にすることが確実視される。

f:id:tanizakitw:20160927060805j:plain

広告を非表示にする