北朝鮮ミサイルによる武力攻撃事態、Jアラートによる緊急情報伝達についての政府資料

日本は「専守防衛」を防衛政策にしており、外国の武力攻撃に晒された場合は、本土決戦を想定している。武力攻撃を実際に受ける、あるいは攻撃を明白に予測できても、日本は相手国に反撃しないということだ。従って、北朝鮮のミサイルなどによる武力攻撃事態が発生した場合は、一方的かつ連続的な武力攻撃を受ける可能性があり、甚大な被害を想定しておく必要がある。
北朝鮮によるミサイルが国内に着弾する可能性がある場合は、市町村区によるサイレンの発報と、Jアラートによる緊急情報が伝達される。内閣官房の下記のページで詳細を確認できる。

f:id:tanizakitw:20170414073717p:plain

武力攻撃事態に対する日常からの備えや、注意点などとしては、政府によるPDF資料がある。

f:id:tanizakitw:20170414073739p:plain

tanizaki.hatenablog.com

保存

保存

保存

保存

広告を非表示にする