ペンス副大統領の訪韓、北朝鮮が17日にも6回目の核実験か

ペンス米副大統領が本日16日訪韓した。18日まで韓国に滞在する。北朝鮮は、米副大統領訪韓中のこのタイミングで核実験を行うことでトランプ政権を試すことが出来る。従って、明日17日もしくは18日が北の核実験のヤマだ。
もしこのタイミングで北朝鮮が核実験を行えば、トランプ政権が攻撃を決断する可能性は非常に高い。北朝鮮が核実験を行ったにも関わらずアメリカが攻撃しなかったとなると、状況は益々悪くなる。北朝鮮の挑発がエスカレートしてしまうからだ。そうなるとアメリカが北朝鮮に試され続けることになり、トランプ政権の空母派遣などの判断は初動から誤りだったということになる。
しかし、そうはならない。トランプ大統領は既に軍事行動を決断して空母を派遣していると私は考えている。明日、明後日にもし核実験が行われれば、アメリカは北朝鮮が「レッドライン」を超えたとする何らかのシグナルをまず発し、戦力増強などの準備が整い次第、攻撃を実行するだろう。
つまり、北朝鮮が核実験を行ったら、この危機はアメリカの軍事行動という新たな段階に突入し、これは最終的には金正恩政権の終わりを意味する。
北朝鮮の核実験が行われたら、日本も戦争を覚悟しなければならない。

tanizaki.hatenablog.com

tanizaki.hatenablog.com

広告を非表示にする